年代別保険見直し・プラン

保険無料相談サービス
保険の豆知識

地域別保険相談
山形
東京
千葉
  船橋      市川
大阪
愛知
  名古屋

その他


メイン

なんとなく、進められるままに入ってしまい、
何年もそのままになっている生命保険。
ほんとうに今の自分の現状にあった適正価格のプランでしょうか。
日本人はなんと成人の約8割が生命保険に加入しているといわれる 世界有数の保険大国ですが、その加入者側が実はよくその内容を理解せずに 加入してしまっているというのが現状です。

【生命保険の加入に失敗するときのパターン】
■まわりのみんなが入っているから
■有名人を起用したテレビCMがたくさん流れてるから安心だよね
■知り合いが保険会社に入って、友人がみんな加入しているから
■何かあったときの安心料だから、保険はまぁ入っておいて損はないか

生命保険は生涯にわたり支払った場合には平均で約2,000万もの費用がかかる といわれている 高額商品です。
保険会社の営業の人との話してみて、話した感じがいい人そうなどといった印象や、企業が流すイメージ戦略に乗せられて 思考停止してなんとなく入ってしまっては決していけません。
家や車の購入と同じく、 自分自身がその商品内容を理解すること。
比較検討することがとても重要です。

その上で細かな内容をプロに相談して吟味していくのが、無駄な支払いを抑える・失敗しない確実な方法です。

生命保険加入時のポイント

それでは、何処で相談すべきかですが、 今現在加入している保険会社 への相談では 他社との比較検討ができません。 また、同じように特定の会社に所属している 保険外交員、 生保レディ なども同じくその会社の商品の営業をうけるだけになってしまいます。
Eネット保険では多くの保険会社の商品から自分にあった保険を見つけることが可能な無料相談サービスをおすすめします。


保険相談サービスとファイナンシャルプランナーが特定の保険会社に属することなく中立な立場にたってくれて、かつ無料で相談を行なってくれるサービスです。
就職、結婚、出産、転職、退職など生活環境が変わった時,今の保険が本当に自分にとって適正なのか ,保険の基礎知識・必要保障などの概念を理解した後に、具体的な保険会社・プラン選定時には プロの無料相談を有効活用しましょう♪


みんなの保険体験談
●私は10-20年前に、郵便局の簡易保険業務に携わっていた事があり、お客さんのところにセールスで回って販売していました。 私が販売していた当初はバブル期の終わりに差し掛かっていて金利も高かった・・・【詳細を見る

保険相談の概要図

人気の無料保険相談 特集

王冠1
保険マンモス株式会社

マンモス

TV TOKYO「ワールドビジネスサテライト」やNHKニュースウォッチ9などのテレビを始め多数の雑誌でも 特集されている人気の保険見直しサービスです。
「保険料を3~4割安くする」 という大胆なキーワードを掲げながらも顧客満足度 96%という高い数値が公表されています。
保険のマンモスの特徴として、無料相談を行う ファイナンシャルプランナーが経験豊富(平均5年)なベテラン でかつ 複数の保険会社を扱える独立系FPであるため、特定の会社に偏らずにあくまでも相談者の側に立って 中立に相談に乗ってくれるということ、また「イエローカード制 」というものを導入しているので、 無料相談の後にしつこい勧誘にあう、といった心配がないというのがあります。

※イエローカード制
HPにある「イエローカード受付フォーム」から保険のマンモスに担当FPの変更をしてもらえる制度です。


対応エリア 全国 相談場所 自宅または、自宅近くの喫茶店など希望した場所への訪問型 利用料 無料


王冠2
あなたのFP

あなたのFP

「あなたのFP」はネット証券の最大手、SBI証券などを有するSBIグループの一つ、SBIライフリビングが運営する無料保険相談サービスです。

提携しているファイナンシャルプランナーが 全国で1986人 と多く、またMDRT(卓越した生命保険と金融サービスの専門家としての基準を満たしたもの のみが入れる組織)を取得しているFPが 多数所属しているのも特徴です。


対応エリア 全国 相談場所 自宅または、自宅近くの喫茶店など希望した場所への訪問型 利用料 無料


王冠3
みつばち保険ファーム

みつばち保険ファーム

全国 130店舗以上に展開する相談無料サービスです。
イトーヨカドーやイオンモールなどに店舗展開しているため、自宅近くのショッピングモールで 気軽に相談をすることができます。
相談スペースにはかわいらしいキッズスペースが併設されていたり、店頭イベントでの プレゼントや、また子供連れの場合に相談中は別スタッフが対応してくれるなどの家族連れにはうれしい細かな気配りも魅力的です。
生命保険、損害保険合わせて30社以上と多くの保険会社を取り扱っています


対応エリア 全国 相談場所 店舗来店型 利用料 無料


王冠4
女性・OL・主婦のための保険情報サイト【OZ─i】

女性のための保険

OL・主婦という女性に特化した保険相談サービスです。
働く女性の増加により、男性と同じく女性にももしもの時のためのリスクヘッジが必要といわれています。
乳がん、子宮頸がんなど女性特有の病気には誰しも不安を抱くもの。
仮に乳がんを患った場合約150万、子宮頸がんの場合には100~200万の治療費が必要となります。
そんな女性の悩みにも専門のFPが丁寧に相談に乗ってくれます。


対応エリア 全国 相談場所 自宅または、自宅近くの喫茶店など希望した場所への訪問型 利用料 無料


王冠5
生命保険ドットコム

生命保険ドットコム

生命保険はマイホームの次の高価な買い物なんだそうです。
30歳の人が60歳まで、30年間保険料を払い続けると、1,300万円を超えます。 高額な商品だから自分にあったものをしっかり選びたいですよね Webからの簡単申し込み(5分)
全国で提携しているFPが無料での保険相談を行なってくれます


対応エリア 全国 相談場所 自宅または、自宅近くの喫茶店など希望した場所への訪問型 利用料 無料

保険を安くする方法

保険の見直しをなぜするかというと、もちろん保障内容を充実させたいというのがありますが、 一番は月々の保険料を抑えるため、ということではないでしょうか。
では、そのために何をすべきかというと「必要な保障は自分が今いるライフステージにおいて変化する」、ということを 理解ことが大切になります。

わかり易い例でいいますと、例えば自分が独身のサラリーマンにもかかわらず、高い死亡保障のある高額な終身保険など に入っている場合や、共働きで奥さんの収入が確保されている状態にもかかわらず死亡保障の厚い保険に に入っている場合、などはまさに内容を見直すことで月々の支払いを抑えることができます。

つまり、自分が必要としている保障内容を正しく理解することで無駄な保障・不必要な保障を省くことが 保険を見直す上での基礎となってきます。上手く見直しを行うことで百万円単位での節約も十分可能となります。


たばこ また、生活をしていく上で喫煙・非喫煙によっても保険料を安くすることが可能です。 非喫煙割引 (ノンスモーカー割引) などの非喫煙者向けの保険を用意している 会社に入れば単純に費用を抑えることが可能です。 タバコをやめて体にもよく、健康を維持出来る上に保険料も 安くなるならば一石二鳥ですね♪今現在吸っている人も1年間頑張って禁煙を続けることにより、一般的には各社 提供している非喫煙割引が適用されます。

▼▼▼ この機会にタバコをやめたい人のための禁煙グッズ ▼▼▼
たばこ 禁煙 【日本製カートリッジ】電子タバコ 「Simple Smoker(シンプルスモーカー)」 スターターキット(本体+カートリッジ30本セット 携帯ケース&ポーチ)


  非喫煙割引でどの程度安くなるのか


保険見直し・無料相談比較のEnet保険 からのお知らせ

【2013.3.20】みんなの保険体験談のページが更新されました。(出産するときに保険に入りました(NKSJひまわり生命-家族のお守り))

【2013.3.4】40代 独身者のための保険プランのページを公開しました

【2013.2.26】体験談ページ更新しました。なるべく解約しないで持っておきたい生命保険

【2013.2.9】みんなの保険体験談のページを公開しました

【2012.10.8】公的医療・年金制度を理解するを更新しました。

【2012.9.16】
20代・30代 専業主婦のための保険プランを更新しました。

【2012.9.9】
サイトマップページを更新しました。

【2012.8.22】
大阪エリアの保険相談ページを更新しました。

【2012.8.22】Eネット保険の公式ブログを開始しました。

【2012.8.11】ガン保険の紹介ページを公開しました。
【2012.8.11】市川エリアの保険相談ページを更新しました。
【2012.8.1】禁煙割引による保険料を安くするための紹介ページを公開しました。
【2012.7.29】東京エリアの保険相談ページを更新しました。
【2012.7.29】名古屋エリアの保険相談ページを更新しました。
【2012.7.22】年代別での生命保険プランコンテンツをリリースしました。
「20代独身のための保険プラン」
「30代新婚のための保険プラン」
「30代 妻子持ちのための保険」
「30代 共働きのための保険」

【2012.7.22】船橋エリアの保険相談ページを更新しました。
【2012.6.10】サイトをオープンしました!